2010年05月14日

伊藤整文学賞に高橋、宮沢両氏(時事通信)

 第21回伊藤整文学賞(伊藤整文学賞の会など主催)は10日、評論部門が高橋英夫氏(80)の「母なるもの 近代文学と音楽の場所」(文芸春秋)と宮沢章夫氏(53)の「時間のかかる読書 横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず」(河出書房新社)に決まった。賞金各50万円。小説部門は該当作がなかった。授賞式は6月18日、北海道小樽市の小樽経済センターで。 

【関連ニュース】
桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏
ホラー小説大賞にふりーくかな氏
松本清張賞に村木嵐さん
横溝正史賞に伊与原新さん
蛇笏賞に真鍋呉夫氏

鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ(時事通信)
半導体装置会社が粉飾決算?…監視委捜索(読売新聞)
20代女性3割が喫煙、全国平均の倍 新潟(産経新聞)
<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
ニフコ、79歳の小笠原元社長が会長に現役復帰(レスポンス)
posted by ミヤジ タカヨシ at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。