2010年02月01日

暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)

 横綱の朝青龍が酒に酔って知人にけがを負わせ、日本相撲協会が厳重注意した問題で、知人は当初、相撲部屋関係者とされていたが、実際は朝青龍が飲食した店の関係者の30代男性だったことが28日、分かった。男性は朝青龍と面識があり、これまでに被害届は出されていない。
 捜査関係者によると、朝青龍は16日未明、東京都港区内の飲食店で酒に酔い、男性とトラブルになり暴行、顔にけがを負わせた。男性は近くで交通事故の処理をしていた警視庁麻布署員に助けを求めた。
 その後、男性は同署でけがの具合やトラブルの経緯などを説明した。双方で話し合うことを決めて以降、同署への連絡はないという。 

【関連ニュース】
〔特集〕横綱朝青龍
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕大相撲 横綱朝青龍
12月16日に控訴審判決=大相撲八百長報道
〔地球の風景〕2008年変わり雛

「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)
石川議員の手帳にホテル名、「水谷」面会裏付け?(読売新聞)
<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)
posted by ミヤジ タカヨシ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍ヘリパッド問題 国が反対派の妨害禁止求め提訴(産経新聞)

 政府は29日、米軍北部訓練場の一部返還に伴う沖縄県東村のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、建設に反対して座り込みを行った住民2人に対し、通行妨害の禁止を求める訴訟を那覇地裁に提訴した。地裁は昨年12月、建設反対の抗議行動に妨害行為があったとして、住民2人に通行妨害禁止を命じる仮処分を決定した。ただ、住民側が本裁判で争うことを求め不服を申し立てたため、地裁は提訴を命じていた。

【関連記事】
ヘリパッド移設で住民2人の座り込み禁じる 那覇地裁
移設現場の周辺を視察、ヘリパッド仮処分で裁判官
施政方針演説で首相「批判覚悟で思い切って」
「現実的には難しい」 辺野古移設で沖縄知事が表明
内閣官房が沖縄連絡室 社民が「平野発言」に抗議

タリバン社会復帰へ基金=5億ドル規模、日英提案へ−アフガン支援(時事通信)
米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
路上パソコン族「ストリートコンピューティング」を探し出せ!(産経新聞)
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相(時事通信)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
posted by ミヤジ タカヨシ at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。